保育士は女社会で陰湿なイジメが多発する現場。耐え切れず退社。

-退職者のデータ-

職業:保育士
性別:女性
年齢:23歳
会社規模:中小企業
年収:300万
勤務地:大阪府
勤続年数:1年
月間平均残業時間:40時間(残業代無)

入社した動機・理由

入社理由は保育職としては珍しい残業や持ち帰り仕事がないことです。

こどもが寝ている間に行えたり、みんなで仕事を分担するため1人で抱えなくても大丈夫だと言われました。

また、休みの日数も1ヶ月の中で土日と祝日の日数分お休みがあること、(平日に休みがあるため、病院や銀行に行きやすいこと、旅行に行くのも平日の方がすいている、料金も安いため平日休みがもらえることも魅力的でした)希望休も他の人とかぶっていなければ通るし、連休も希望すればもらえました。また祝日出勤であれば手当てがでることも魅力的でした。

私は社会人になりたてでお金がなかったので祝日出勤でお金を稼ぎ、平日安く旅行に行き残りを貯金していました。

そしてなにより、勉強したいと思っていた病児保育を行っていたため、座学と共に現場で学べる機会を提供していただけるとのことで就職しました。

仕事は0歳児を担当

仕事内容は、保育士なので担任業務をしていました。

私は、0歳児の担任をしていました。主には、給食の補助や、オムツ替え、季節に応じての主活動、等一般の保育園と同じ子供のお世話をしている仕事内容だと思います。

退職理由

面接のときに残業や持ち帰りの仕事がないとのことで魅力を感じ入社しましたが、入ってみるとそうではありませんでした。

30代の先生ばかりでみなさん家庭を持っていました。

なので私は残業できないから代わりにやってくれと主任に言われたり、残業も主任から承諾がでないと残業手当ての申請を出すことができませんでした。

主任も含め、みなさん年齢が近いからかグルになっており私はいつも蚊帳の外。

家に帰っても暇でしょ?残業をお願いされます。

しかも、提出期限も近いためひどいときは夜中3時まで残り仕事したこともあります。

(もちろんその時も残業手当はありません)残業の業務もありますが、子供の10時と15時のおやつが市販のおやつだったため、仕事後に買いに行くことも日常茶飯事でした。

8時ごろ仕事がおわり、そのあとにスーパーへ行くため1人バタバタしていました。

しかも自転車なので、前と後ろのかごに入れ自分のリュックに入れてでフラフラになりながら自転車をこいでいました。

そのあとに任せられた仕事を行うとほとんどの日が22時すぎに家に到着でした。

他の職員の方も同じように仕事をしていたり、残業代もみなさんついていなければ納得できたと思います。

ひどい毎日が続いている中、辞めることを決意した決定的な出来事がおこりました。

出勤簿が毎日印鑑で、私のロッカーの中にあったはずなのになくなっていたことです。

保育職なので着替え一式や筆箱等を置いておく個人のロッカーがあるのですがそこがぐちゃぐちゃになっていてかなり前から不信感があったところに事件はおきました。

不信感がずっとあったので誰かがとったのではと思う反面自分がなくしたのかもしれないと思う気持ちもありました。

ですが、同じクラスの先生仮名A先生がプール当番で私と仮名E先生が寝ている子を見ているときE先生がA先生のエプロンを畳んでいるときにポロっと出てきました。

しかもE先生はそれを自分のエプロンに隠しました。

印鑑を自分で用意しなければいけなかった為私1人だけ黒の印鑑にミッキーのケースがついていたので私の印鑑で間違いありません。

1人の先生が行っているのではなく、ここの職場みんながグルなんだ、そして私の印鑑でなにをされるのか怖かったのでやめました。

退職時の辛かったこと

9月に退職したのですが、受け持ったクラスの子を3月まで見ることができなかったことが1番辛かったです。

さらには0歳児なので今後も保育園へ通うだろうにその成長を見届けられなかったことも心残りです。

保護者の方からも信頼を得ていて、職員同士のゴタゴタさえなければすごく良い条件の職場でした。

退職の1週間前に保護者1人ずつに挨拶へ行った際も涙を流しながら手を握ってお話された方、私が話しをしたときにあまりにも衝撃的で上手くお話が出来ず、後日、保育園に私に渡してほしいとお手紙を頂いたこと等が来たいにこたえられず申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

また、退職の本当の理由は伝えられず、家庭の事情とのことで保護者へ説明することも心が痛かったです。

得られたスキル

仕事の効率化はかなり身につきました。

見通しをもって今何を第一優先で行うのかを考えながら仕事をすることで効率よく仕事が出来るようになりました。

忍耐力も身につきました。多少のとこには動じず強くいないと!と何事も根気欲取り組めるようになりました。

退職後は放課後等デイサービスで保育士に転職

退職後は放課後等デイサービスで保育士として働いています。

障がいのあるお子さんに少しでも支援が出来るよう保育士目線でいろいろなアプローチをしています。

私もまだ社会人歴が浅く経験が少ないため積極的に研修や講座に参加し知識を増やそうと努力しています。

そこで学んだことを現場で役立てています。まだ就職して半年程度ですが少しずつ形になっているので嬉しいです。

前職で残業時間が長いことに不満はありましたが、転職したところでも残業はあります。

毎日30分~1時間程度ですが、他の職員も残業していますし、上司からありがとう、お疲れ様と言ってもらったり時々差し入れがあるのでそれで私は満足しています。

前職でくじけた分今の職場でがんばりたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1人でも多くの方に貴重な退職体験談が伝わるように応援よろしくお願いします!
ポチッとお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です