自動車販売の営業を鬱で無断欠勤をし退職した時の話

-退職者のデータ-

職業:自動車販売・営業
性別:男性
年齢:31歳
会社規模:大手企業
年収:300万円
勤務地:栃木県
勤続年数:1年
月間平均残業時間:30時間(残業代無し)

とりあえず給料が高いから入社した

学生時代、就活の時期になっても特にやりたいことながなく、とりあえず地元に帰ろうとだけ考えていたので家から近い会社で探すことにしました。

興味のある業務もなかったので、とにかく一番高い給料がもらえる企業を選ぶことにしました。

体育会系のお学部を卒業したので、大体の友人も就職先は営業か体育教師になるかといった感じでした。

いくつかの会社の説明会に参加し、雰囲気を見ることにしました。

会社の人事はその会社を映す鏡ですので、採用担当者がどのような性格をしているのかで大体のイメージを掴むことが出来ます。

同じグループ会社を四つ回り、説明会の時点で「君、このあと残ってくれる?」と言われ、その場で内定をもらうことができ、いい人そうだったのでそこに入社しようと決めました。

新規開拓の営業が中心

具体的な仕事内容は営業です。

新規開拓もありましたが既存のお客様の担当地域になり、点検や車検のフォロー、フリーで来店したお客様の対応が主な業務でした。

車が売れると事務処理、補助金の申請、納車準備などやることは多岐に渡り、忙しい毎日でした。

鬱になり部署の店長に蹴り飛ばされる

退職した理由は、ストレスが溜まりに溜まってしまい、うつ状態に陥ってしまったからでした。

ある日突然体がベッドから動かなくなり、会社へ行くことが出来なくなってしまいました。

もちろん無断欠勤状態です。

部署の店長とそりが合わず、毎日のように叱責が続き、時には蹴り飛ばされるなんてこともありました。

私のミスが多かったことにも原因がありますが、「目障りだから私の視界に入るな!」などと怒鳴り散らされる毎日は辛く、営業に行かずトイレにこもってしまうこともありました。

また会社の体質にも納得がいかず、汚いことをやっている上司や先輩もたくさんいました。

ほとんどが優しい先輩で、慰めてくれたり気にするなと言ってくれる方もいましたが、毎日続くパワハラに少しずつ限界が近づいてきました。

徐々にお客様とコンタクトすることも億劫になり始め、電話をすることも取ることもできなくなっていきました。

担当の車が来店しても表に出ることができず、悪気はないのですが仕事ですから怒られるのは当然と言えば当然ですが、本当に恐怖で顔を合わせることが出来ませんでした。

そのうち頭が全く働かなくなり、仕事をそっぽりそのまま忘れてしまうことが増えました。

車検の案内を忘れ、車検が終わった車のシールを届けるのを忘れたり、15万円もの補助金の書類を紛失したり、全てが腑のスパイラルに陥っていました。

お客様からのクレームも増え、ロクな営業マンじゃないと言われたり、訪問しても出てきてもらえないなど、完全に八方塞がりの状況でした。

上司は意地でも辞めさせない態度

最もきつかったのは、退職したい旨を伝えたところ、なかなかやめさせてもらえなかったことです。

新人がやめてしまうと管理職の評価が下がりますので、意地でも辞めさせないといった態度でした。

何度伝えても取り合ってもらえず、本社から人事が来て説得されたり、先輩にも今だけだからもう少し頑張れと言われました。

その結果私はストレスの限界で会社に行くことが出来なくなり、寝たきりの状態が2週間程続きました。

その間にも人事が家へ来たり先輩が来てくれたりしましたが、会社の人間を見るだけで吐き気がするようになっていたので、すぐに帰ってもらうようにしていました。

辞めると告げた際、「お前を雇うのにどれだけ金がかかっていると思っているんだ」と言われた時、もうこの会社はだめだとそう思いました。

得られたスキル

得られたことは何もないと思っていましたが、それから何度か転職するうちに気づいたのは、一年だけでも営業をやっていてよかったということです。

一番大きかったのは一年目に研修を受けられたことでした。

社会での振る舞いを教えてもらえたことは、とてもきつかったですが良かったと思っています。

退職後、敵は上司からスズメバチへ

退職後は三回程転職し、現在では林業関係の仕事をしています。

林業は現場にもよりますがいつ行ってもいつ帰ってもいいというシステムなので、好きなだけやって面倒なら帰ってしまっても構いません。

ただ完全歩合制なのでやらなければ収入はゼロになります。

その代わり頑張ればそれなりにもらえます。

一日全力で頑張れば2万円を越えることもありますが、相当きついです。

それでも自分の体調と相談しながらのんびりやったり全力で突っ走ったりできるので、自由といえば自由です。

基本的に直行直帰なので、一人で山へ行き作業も一人です。

今度危険なのは、パワハラをしてくる上司ではなくマムシスズメバチです。

人間関係の苦しみに比べれば何倍も楽だと思います。今では本当にやめてよかったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です