現場施工管理業務のクレーム対応でメニエール病が発症し退職

-退職者のデータ-

職業:施工管理・建設業
性別:女性
年齢:44歳
会社規模:中小企業
年収:480万円
勤務地:神奈川県
勤続年数:6年
月間平均残業時間:30時間(残業代有り)

人材不足で友人に紹介され入社

以前にパート勤めしていた会社で上司だった人が入った会社で人材不足解消に誘われたのがきっかけです。

正社員の仕事を探していた時にタイミングよく声をかけてもらえたので願ってもいないチャンスと思い2つ返事でOKしました。

条件としては初めの3か月間は試用期間、その間は業務で使うパソコンも自分のものを持ち出し、というところが少し納得はいきませんでしたが、女性目線で居住者に対しての対応を求められるような仕事だったことに魅力を感じました。

専門的な建築の知識は皆無に等しかったのですが、今までの自分の人生経験、社会人としての経験の両方が活かせると思ったのでチャレンジすることにしました。

シングルマザーだったので、お金を稼ぎたいという気持ちもありました。

仕事内容

集合住宅の大規模改修工事の現場施工管理業務。

足場だったり技術面などについては、経験豊富な他のスタッフが対応していたため、私は居住者からの心配事や、細かい日程の調節や管理、居住者、施工管理、職人さんたちをとりまとめるような仕事でした。

メニエール病と診断され退職を決意

大型マンションの改修工事中にクレーム電話に対応中、突然耳がおかしくなり、電話口の声がものすごく遠くに聞こえたのがきっかけで、ふわふわしためまいが起こるようになり、すぐに病院に行ったところ、仕事のストレスによるメニエール病という診断でした。

常にふわふわしためまいと、吐き気だるさがあるので現場仕事を継続していくのは厳しいと思い、上司に相談をしたのですが、はれ物にさわるような対応、年齢がいくと更年期障害などもあるからそれじゃないのか、少ししたら治るんじゃないか、などいろいろといいかげんな対応しかされず、このままこの仕事を続けていたら自分の心と体に限界が来ると判断して、退職を決意しました。

建設業はとにかく古い体質をひきずっていると思います。特に悪い体質が多いです。

代休をとれなくて当たり前、有給なんて使うのは夢のまた夢、遅くまで仕事をするほうがすごい。。。などなど。

この病気になる前もシングルマザーとして働いていたので、子供を夜遅くまで連日まで一人にできない事情があるのにもかかわらず、仕事を押し付けてきたり、子供の行事などで自分だけ土曜日に休みをとらなければいけない時に、おまえだけ休みだということを執拗に先輩に言われたりということがあり、パワハラをうけていると自分で認識していました。

社長との面談の際にも個人名は言わずに被害を訴えたのですが、そんなはずはない、後輩思いの証だ、などと丸めこめられ相手にしてもらえなかったので、会社側は変わらないという確信がありました。

退職時に辛かったこと

今まで仕事を通じて仲良くなったお客さんにがっかりされたことが一番つらかったです。

お客さんにはさすがに、仕事が原因でメニエール病になったことや、パワハラを受けていたなどということは話せなかったので、他に理由を作って退職の話をして、いろいろ良くしてもらったことに対してのお礼を言って別れました。

あとは、退職当時はほぼ関わりがなくなってはいたのですが、当時入社したときに良くしてくれた当時の社長にも退職を打ち明けた際に、せっかくここまで頑張ってきたのにもったいないし残念だ、と残念そうな顔をされたのがつらかったです。

そうまでしても、自分を解放してあげないと壊れそうだったので仕方がなかったと思いますが、そこは切なかったです。

現場施工管理業務を経験し心臓に毛が生えた

現場で何度もお客様から怒鳴られたり、ののしられたりしたのであまり動じなくなりました。
クレームに対して、うまくやりすごせるようになりました。

あとは、事務所に来客がきて自分しか対応できる人がいないときに、事務所の電話も鳴り、それをとっている最中に携帯も鳴るというようなことが日常にいつもあったので、対応力が自然と身についたと思います。

退職後は建設系のホワイトな事務職に転職

退職後は、少し休んで体調を整えた後、ハローワークや転職サイト数社などに登録をして、自分ができる仕事を少しずつ探し始めました。

あまり無理をすると二の舞になると思ったので、残業時間や仕事のボリュームなどを吟味しながら注意深く仕事を探していきました。

残業はなし、と書いてあっても面接時に確認するようにしました。

そして、定時上がりで自分のペースで働ける小さい建設系の個人経営の会社に事務職で就職しました。

年収面では確かに減りましたが、全く後悔はしていません。

むしろ、本当に良かった!としか思っていません。

未練もなかったですし、ちゃんと今こうして自分の居場所を確立できたことに感謝しながら楽しく仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です