ECサイト制作運営会社に入社するが毎日残業のブラック企業で退社

-退職者のデータ-

職業:ECサイト運営制作
性別:女性
年齢:40歳
会社規模:零細企業
年収:216万円
勤務地:横浜
勤続年数:1年
月間平均残業時間:7時間(残業代無)

クリエイティブな仕事をしたいと思い入社

持っている技術を使って、クリエイティブな仕事をしたいと思っていました。

入社した会社はECサイトの制作運営をしていく会社です。

ここなら持っているWeb作成の技術と、写真撮影技術写真加工技術文章表現技術を使うことができると考えました。

学生時代に写真と文章を学んできたこともあって、Web、画像、文章を使って仕事ができることはまさに天職だと思い、就業しながらスキルを磨いていきたいと思っていました。

しかしながら中途採用でしたので、不安はありました。

WEB制作に関する同様の会社の面接を3件ほど受けて、最後に採用してくれたこの企業で頑張って行こうと心に決めました。

就業する上でスキルを身につけ、いずれはキャリアアップしていきたいとも考えておりました。

仕事内容

大手インターネットショッピングモールに出店しているようなECサイト様の店舗を代理で制作し、運営します。

クライアントの要望を聞き、Webのデザインから商品販売のサポート、メールマガジンの発行が主な業務です。

自社店舗の制作と運営もしておりました。

毎日終電&給与明細が鉛筆書きの衝撃

IT業界や通信業界は労働時間の長いブラック企業が多いとは聞いていました。

ですがその会社は隔週で土曜出勤はありましたが、労働時間は決まっているとのことでそれほど問題はないだろうと初めは思っていました。

最初の1ヶ月間は、毎週の土曜日出勤するようにという話でしたが、実際は1ヶ月を越えても土曜は必ず出勤でした。

それでも中途採用で拾ってくれた会社です。

頑張って貢献して自分のスキルを磨きたいと当時は必死でした。

仕事内容は自分の好きなことです。

商品の撮影と画像加工をして、魅力的なWebページを作る。良き先輩にも恵まれて仕事はやり甲斐がありました。

しかし毎日終電まで仕事があります。

早く帰れる日はありませんでした。

全てサービス残業でタイムカードは役目をはたしていませんでした。

給与明細が鉛筆書きだったこともかなり驚きました。

10名くらいの小さな会社でしたが、主な社員は代表が集めた創設メンバーのみです。

新しく入社する人がいても、皆1週間から3ヶ月以内に辞めてしまうのです。

代表が典型的なワンマン社長だったこともあり、営業さんたちは毎日のようい怒鳴られて、体育会系の男性社員がトイレで泣いているのを見かけて心を傷めていました。

ある時、気の弱そうな女性の新入社員Aさんが入社してきました。

入社してすぐ、通常業務を私たちと同じようにサービス残業込みで大量にこなしていました。

ある時帰りの電車でAさんと一緒になりました。

その時たまたま、Aさんが2ヶ月もの間、研修中とのことで給料を一切もらっていないという話しを聞いてしまいました。

おとなしめで気の弱そうな彼女ですから、会社にうまく利用されたのでしょう。

「それは絶対おかしい!」とAさんに話したところ、翌日社長に呼び出されました。

おそらくAさんが給料のことを会社に相談したのだと思います。

私は社長から他社員と一緒に帰宅するのを禁止されました。

会社が新入社員を使い捨てで働かせていたのだと思います。

IT業界や通信業界はブラックが多いといいますが、そのような使い捨て体制が最も問題なのではないでしょうか。

新入社員のやつれた姿をみるのが辛かった

私は1年でその会社を退職しました。

当時は働き過ぎで仕事以外のプライベートな記憶がほとんど残っていない状態でした。

新入社員を使い捨てにして、創設メンバーのみが会社の恩恵を受けている状態の会社では、将来性が見込めないだろうという気持ちもありました。

しかしながら、業務自体はとても好きな仕事です。

途中で挫折してしまうことがこんなにも辛いことかと悩みましたが、会社の体質は変わりそうにありません。

意気揚々と入社して希望にあふれていた新入社員が、どんどん精神や肉体を病んでいくのを見ているのも辛かったです。

私自身も限界だと思いました。

夢半ばで挫折してしまう自分を責めました。

たったの1年でしたが全員が3ヶ月で退職していく中、努力して仕事をしていたためか、退職届をなかなか受理してもらえなかったのも辛かったです。

得られたスキル

ECサイトを制作運営していくことで、インターネット上で多くの人の心をつかむにはどのようなサイト構築をしていったら良いのかよくわかるようになりました。

そしてクライアントさんと心を通わせて、ニーズに合わせたものを0から作っていくという経験が、とても私を成長させてくれたと思います。

退職後はエステシャンに転職してハッピーな毎日

現在はエステティックサロンでお客様と顔を合わせて話すサービス業を行っています。

とても楽しいです。

また、自身でフリーランスとしてWebライターの活動をしています。

ブラック企業で働いた経験はとても大変なものでしたが、お客様の要望に応えて努力していく力、多くの人が必用としている情報を発信していく力は、退職した会社で培えたと思っています。

正直、WEBを作るクリエイティブな仕事はとても楽しく魅力的でしたので、退職したことは後悔しています。

辛くてももっと続けて、実力を磨いていれば今でも同じ理想の仕事ができたのではないかと思うことがあります。

ですがその会社で働いた経験をこれから先の仕事に精一杯活かして行きたいです。

どんなことでも必ず自分の力になります。

企業には恐れずに飛び込み、スキルを磨くことで自分の可能性の幅を広げるべきだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です