【書評】立花岳志『好きとネットを接続するとあなたにお金が降ってくる』を読んだ感想。情報発信のススメ

好きとネットを接続 書評・レビュー

書評『好きとネットを接続するとあなたにお金が降ってくる』

こんにちは。シュンです。

今回紹介する本はこちら。
「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

キャッチーなタイトルで、
売れそうな本だと思ったのでレビューします。

どんな内容が書かれているかというと、

帯に書いてある通り、
“情報発信”のススメを説いた本です。

もっと踏み込んで言えば、

本書の著者は、
好きなことで情報発信をすることを勧めています。

そもそも
情報発信ってなにかって言うと、

要するに、
ブログを書きましょう!

ということです。

もちろん、
ブログでなくても、

動画で伝える事が
得意ならyoutubeでも構いません。

読者と気軽にコミュニティケーションをとりたいなら
Twitte、FacebookでもOK。

とにかく発信する媒体は自由。

情報発信とは、

文字通り、
自分の持っている“情報”を
誰かに向けて“発信”することです。

単なるポエム的な発信ではなく、
誰かに向けて価値ある情報を届ける

というのがポイントですね。

『情報発信をしたほうがいいよー』ってことは、
私のブログ(SHUN BLOG)の一番のテーマでもあるので、

本書はレビューせざるを得ませんでした。

極端な事言えば、
情報発信は誰もがすべきだと私は思っています。

小学生〜高齢者まで、
言葉を話せる人であれば誰でもです。

もし、タイムマシンで小学生の頃の自分に
一言だけメッセージを伝える事ができるのなら、

『ネット上で匿名でも良いから、情報発信をしなさい』

と言ってやりたいくらいです。

私がなぜここまで、
情報発信にこだわるのかというと、

単純にメリットがありまくりだからです。

金銭的な面はもちろん、
あらゆる点でメリットが豊富すぎです。

というわけで、
今回紹介する本書でも、

情報発信とは何なのか!?
なぜ情報発信をすべきなのか?
好きな事で情報発信をすることがいかに人生を変えるのか?

そんな事が書かれています。

『芸能人と違って、
自分がブログなんかはじめても誰も見ない見ない!』

『自分には情報発信できることなんてないよ。。』

『情報発信をして好きを仕事にした具体的な事例を知りたい!』

1つでも当てはまる場合は、
読む価値はある本です。

フワフワした話で終わることなく、

著者自身のこれまでのストーリーをもとに、

具体的な着手のしかた〜どんなことを発信すべきかまで、

細かく丁寧に書かれているな〜と思いました。

知っている人にとっては、
やや冗長かもしれませんが、

『情報発信?なにそれ?』
くらいの方には、“そののやり方”についてイメージしやすいかと思います。

というわけで、

いつものように、
印象に残ったメッセージを引用しながら、
それについてコメントを書いていきますね〜

著者-立花岳志氏のプロフィール

まずは著者のプロフィールからです。

名前:立花岳志

38歳にてブログを始める。

当初は、借金まみれで体重105キロの肥満体型の
無名のいちサラリーマンマン。

そんなある日、

『人生を激的に変えたい』という思いでブログを開始。

すると、徐々に人気が博し、
41歳でサラリーマンを退職し、独立。

その後は、プロブロガーを名乗り、
本書を含め、7冊の本を出版するなど、
好きを仕事にし、自由で豊かなライフスタイルを送っている。

すべては情報発信のおかげだと、
著者は言いますが、

本書の目的は、

「好きなことを仕事にしてたくさんのお金を稼ぎ、多くの人の幸せに貢献して心身ともに豊かに満たされて生きる人生」を実現していただくために書きました。
引用:p1

とのことです。

情報革命で個人がメディアを持てるようになった

マスコミの専売特許だった「情報発信」が我らの手に落ちてきた!
引用:p18

そうなんですよね。

インターネットの普及によって、
社会構造自体が大きく変わったわけですが、

その中でもなにが最も大きく変化したかという言えば、

個人が情報を
手軽に発信できるようになり、

草の根のいち個人でも
絶大なる影響力を持てるようになったことです。

だから何なの??

影響力があるという事は、
少なからず、自分のメッセージに共感するファンがいるという事です。

ファンがいれば、
何からの形で商売を行うことができ、
本書の言葉で言えば、お金が降ってきます。

ちなみに、
テレビや雑誌も情報発信のひとつであって、
それらのメディアは基本的に人を集める事で価値を生み出しています

資本主義社会では、

人を集めることができれば、
その集客力をなんらかの“価値”に転換することができます。

なぜなら、
人が集まる場所=宣伝の場所

になるからです。

テレビ、雑誌、ラジオ、ネットメディア

これらのもっともオーソドックスなマネタイズ方法は

人を集めて、宣伝のための広告枠を売るという
いわゆる“広告モデル”です。

テレビが無料で観れるのも、
CM枠を広告主に販売することで
利益を出しているからです。

そんな情報発信ですが、

前述したように、

ネットの普及によって、
個人でもそれが可能になりました。

個人がネットでブログを開設して、
記事を書く。

それも、テレビと同じ立派な情報発信です。

さらに言えば、テレビと比べ、
個人による情報発信は自由度が高いです。

好き放題、自分の都合の良い時に発信が可能です。

締切もありませんし、
内容の制限もありません。

テレビは一度放送されたら、
録画でもしていない限り、同じ番組を見ることはできませんが、

ネットメディアの場合、
作った記事・動画はどんどんストックされてきます。

ストックされればされるほど、
集客力はあがり、メディアのパワーもUPするといった特徴もありますね。

いずれにせよ、

人さえ集まれば、
なんかのカタチでお金に変える事ができる。

それが、情報発信です。

どうやって情報発信はお金になるの?

今の世の中、強みがあれば何でもネットで売ることができる。
引用:p61

もはやネットで何かを購入するって当たり前の世の中です。

アマゾン、楽天でモノを購入したことが
ない人ってかなりの少数派だと思います。

一方、
ネットで何かを販売したことがある方は、
それより遥かに少ないでしょう。

ネットで商品を販売するというと、
少しハードルが高いな〜

と思うかもしれませんが、
小学生でも理解できるくらい
仕組みは非常にシンプルです。

(つまり今の時代、サラリーマンの初任給くらい稼げる小学生がでてきてもなんら不思議ではない)

情報発信をして、
それをどうやってお金に変えるの?

というと、基本的には以下です。

例)
・アフィリエイト広告を貼る(他人の商品を紹介)
・GoogleAdWordsと提携(アクセスがあればお金になる)
・自分の商品を販売(モノでもサービスでも可)
※専門的な用語でわからないかもしれませんが、
これらは個人でも簡単にできます。

そして、これが案外バカにできない収益になるわけです。

ネットメディアの場合、
うまくやれば、集客できる人の数が膨大になるので、

単価の安い商品を売っていても、
販売数を掛け合わせると、驚く程の金額になることも多々あります。

一人で食っていくのに、
十分な金額を稼ぐことは、そう難しいことではありません。

強みがあれば何でも売ることができる

と著者はいいますが、

少し補足すると、

強み=自分が詳しいこと

です。

例えば、
料理について詳しければ、

料理に関するブログを日々書いていき、

読者にむけて、
レシピ本や料理に使うグッズをアフィリエイトすることもできます。

ファンが増えれば、
美味しいゴハンのつくり方を解説する
セミナーなんかもできるでしょう。

もしかすると、
出版のオファーがくる可能性だってあります

ここで大切なのは、
最初から料理に詳しい必要はないということ。

料理が好きなら、すぐにでも情報発信を始めた方が良いということです。

情報発信でありがちな失敗は、

自分が完璧にその分野をマスターしてから
情報発信をしようと考えることです。

その気持ちはわかるのですが、
完璧っていうのはそもそも存在しないし、

発信する過程で、勝手にどんどん詳しくなっていきます。

結果、気付けばその分野をマスターしていた。

これが、情報発信の理想の形です。

人より半歩先に進んでいる程度で十分。

二の足を踏む前に、
とにかく書き始めてみるというのが大切ですね。

ブログの場合、
書くことに原価は掛かりませんし、
後から修正・削除することも可能なので。

自分と価値観の合う仲間ができる

発信する人のところに人とモノとお金が集まる
引用:p263

情報発信の良いところは、金銭的な面だけではありません。

自分が好きな事を書いていると、
自分の価値観にあう人間が同時に集まるという事です。

例えば、
あなたが担々麺が好きで、
自分のブログに担々麺の食レポ記事を書くとします。

すると、あなたが書いた担々麺の記事には、
同じく担々麺好きが集まってきます。

担々麺ではなくても、

カメラのレビュー記事を書けば、
カメラ好きが集まり、

書評記事を書けば、
本好きが集まり、

アニメの記事を書けば、
アニメ好きが集まります。

このように、
情報発信をしていれば、
自分と似た価値観の人間が自然と引き寄せられます。

私の身の回りでも、

自分の好きな事で情報発信をし、

そのブログに訪問してきてくれた読者さん達と、
リアルの場で定期的にオフ会を楽しんでいる友人もいます。

情報発信ってなにも、
お金のためだけにするものでもないんですよね。

発信することで、
テーマとする分野のことに詳しくなれるし、
気の合う仲間だって作れるわけです。

それから、自分のメディアを持っていると、
ちょっとした名刺変わりにもなりますよね。

文章って人となりがはっきりと出るので、

相手に自分のことを知ってもらい時は、
ブログを読んでね!と一言言うだけで、

かなり詳しい自己紹介ができます。

相手のブログを読めば、
相手が喜ぶ話題
或いは、話さない方がいいNGテーマ

なんかも事前に調査できるので、
会った際のコミュンケーションも円滑になります。

いやー
個人がメディアを持つって本当に良い事づくしだな〜
と思います。

お金儲けという意味では、
まだまだ先行者利益が得やすいので、

早めに個人メディアを構築することをオススメします。

個人メディアの魅力やそのマネタイズ方法に関しては、
私も無料レポートという形で配布していますので、

興味がある方は是非、受け取ってみてください。

それでは!

【編集後記】
はじめして。
管理人のシュンです。

 

大学を卒業後、
会社に就職するものの、
その“厳しい生活”に馴染むことができず、
わずか3ヶ月で退職。

その後、
インターネットを利用したメディア構築ビジネスで
会社員時代の何倍もの金額を稼ぐようになりました。

 



『知っているか知っていなかで人生おそろしいくらい変わるな』 と痛感。

 


そんなわけで、
かつての僕のような方に向けて、個人で生計を立てる術を教えたい!
という思いから“個人メディアつく〜る”という無料コミュニティをはじめました。
(ふざけた名前ですが中身は至って真面目です)

 

興味がある方は、 まずは以下の無料プレゼントを受け取ってみてください。
ゼロから80万円を稼いだ全貌がわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です