MARCHマーチは3ヶ月で合格できるは本当か!?

受験生の間では、こんな質問がよくあります。

“マーチMARCHに合格するには、
いつまでだったら間に合いますか?”

某掲示板においても、
ゼロからでもマーチなら3ヶ月あれば合格できるぜ!

などと言われていたりもしますが、
実際のところどうなのでしょう??

結論から言うと、
これは半分本当で半分嘘です。

当たり前ですが、
それは受験生の状況によります。

中学受験や高校受験を経験したことがある場合は、
ゼロからと言ってもかなりアドバンテージがありますし、
(ビリギャルのケース)

受験勉強を一切してこなかった生徒でも
読書好きの生徒の場合などは地頭が良く、
飲み込みが早い場合があります。

つまり、
マーチに3ヶ月で合格するかは、
人によるとしか言いようがありません。

ただ、
不可能なことではないと思います。

無駄を一切省き、
正しい勉強法を行えば。

と、、そんな当たり前の事実を伝えるために
今回の記事を書いているわけではありません。

これだけは知ってほしい!という事があるため
あえて“マーチに3ヶ月で合格できるか?”
というキャッチーな題材を利用し記事を書いています。

何かというと、

※以下重要です!

マーチに3ヶ月で合格できる人と合格できない人との間では、
思考回路が決定的に異なっているということです。

どういうことかを説明します。

多くの人は、
マーチに3ヶ月で合格は可能か?という質問に対し、

マーチに3ヶ月で行くなんて無理だろ。
と秒速で判断を下します。

そして、そこで思考停止し、
なぜ無理なのか?という理由まで考えません。

この思考回路は、
あらゆる場合において最悪です。

一方、

正しい思考回路は以下です。

マーチに3ヶ月で合格は可能か?

過去にゼロから最短でマーチに合格した人はいるか?

もしいたとしたら、そいつはどんな勉強法をしたのか?

おそらく効率の良い勉強法に違いない。

じゃあ効率の良い勉強法ってそもそもなんだ?

逆に効率の悪い勉強法はなんだ?

といったように、
思考を深めるような質問をたくさんします。

要するに、
根拠もなしにすぐに物事を決めつけるのではなく、
“一度疑ってみる”という姿勢がかなり大事だということです。

上記の正しい思考回路のように、
あらゆる事実を疑いまくっていると、
もしかしたら俺行けんじゃね??
という考えに至ることがあります。

可能性が開かれる瞬間です。

マーチに3ヶ月は無理!と即答する人は、
そもそも自分は勉強ができないという自己イメージを持っているのだと思いますが、
それって本当ですか?

勉強ができないという証拠はあるか?
単純に勉強をしていないからでは?←9割がコレ
できる科目もあればできない科目もあるんじゃないか?
わかりやすい授業に出会っていないからではないか?

などなど、
あらゆる事を疑ってみると、
やれば勉強できるようになるかも!
思える瞬間が必ずあります。

こんな事語っていますが、
僕自身もずっと自分は勉強ができないと思っていました。
(正確に言うと、思い込んでいた。)

テストの成績もずーっとドベで、
授業も理解不能でした。

小学生という早い段階で落ちぶれているので、
授業を理解するための前提知識に欠け、
先生が何を言っているのかわからないのです。

負のスパイラルですね。

というわけで、
勉強に関しては、正直諦めていました。

ところが、
高校に入り、たまたまとある教師に出会うことで、
自分が勉強できないという自己イメージは一変しました。

その先生は、生徒の扱い方をよく心得ていて、
生徒が超簡単な問題に答えただけでも、

『お前、天才だよ。やればできるじゃねか。』

と言い、
勉強ができないというのは、
思い込みであって、やればできるようになる。
という事実を手を変え品を変え、伝えてくれました。

すると、
徐々に自分の中でも“疑い”が生まれ、
勉強ができないのは、
実は、単純にやっていないからではないかという事実に気づけました。

この瞬間から全てが変わりました。
もちろん良い方向に。

現状を疑え!とは、よく言われた言葉ですが、
これは人生レベルで本当に大切な事です。

根拠のない勝手な思い込みに捕らわれて、
人生を無駄にしていることって実はたくさんあると思うのです。

『本当にそうなのか?』

この言葉は、
人生の選択肢・可能性を大幅に広げるマジックワードであり、
この言葉の重要性を理解しているだけで、人生は大きく変わります。

受験に限らず、あらゆる事においてです。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です