新聞社の報道部に入社するが上司のパワハラと不規則な労働環境が原因で退職

-退職者のデータ-

職業:新聞社編集
性別:女性
年齢:45歳
会社規模:中小企業
年収:300万
勤務地:北海道
勤続年数:7年
月間平均残業時間:20時間(残業代無)

新聞社入社した動機・理由

知り合いの紹介で入社しました。

報道部の編集に欠員ができ、ちょうど仕事を探していたので応募しました。

スポーツ紙のギャンブル面の編集作業だったのですが、競馬に興味があり、趣味と実益を兼ねて仕事ができるのではと安易な気持ちでした。

また、いろいろな情報が入ってきて、自分の馬券収入も上がるのではなど、軽い気持ちで応募してしまいました。

勤めはじめた当初は、見るものすべてが知らないことばかりでとても楽しかったです。

馬券を買うことが仕事だなんてそんな幸せな仕事があるんだとウキウキでした。

確かに、紙面に載せるもの作るわけですから、間違いは絶対にあってはいけないことです。

校正もあるのですが、専門分野だったので気付かずにそのまま紙面に載ってしまうなんて失敗もやらかし、徐々に仕事の厳しさを感じてきました。

仕事内容

紙面に載せる、小さな記事の作成や、競馬や競輪の出走表の作成データの校正などが主な仕事でした。

自分で打ち込んだ馬名、選手名をすべて校正するのですが、時間が限られているのと、編集担当者の能力で刷りが上がってくるのが遅かったりしました。

開催日前はほぼ定時に帰ることはできませんでした。

特にナイター競輪の時は午後11時くらいまでかかりました。

退職理由

少しずつ自分で書く記事も増え、仕事は順調だったのですが、上司と仕事のことでトラブルになり、それからパワハラを受けるようになりました。

まず、仕事を減らさせ、勤務時間もカット。

退職する最後の1年は派遣社員に降格させられました。

退職理由は、自分の仕事がなくなったから、つまりクビです。

すべて、データ化されたものを共同通信社から買うことになったからと言われました。

確かに、クビではあったのですが、不規則な勤務時間で体調も崩していました。

パワハラで激ヤセしてしまい、周囲の人もびっくりするほどでした。

ただ、自分にも反省すべき点はあったと今になると思います。

自分の立場をわきまえた発言、仕事をするべきだったと思います。

田舎の新聞社ですし、ギャンブルというジャンルが男性が中心の世界です。

最初は補助的な仕事だったのですが、上司が男性社員とトラブルになり仕事をさせなくなったので自分に仕事が回ってきたのです。

結局、自分のその男性社員と同じように上司とトラブルになり、クビになってしまったのですが、書くことも、調べることも好きで、トラブル抜きに仕事はとても楽しかったです。

不規則な時間はやはり辛く、プライベートな時間がほとんどなくなりました。

休んでいても、上司から電話がかかってくることもしばしばありました。

パワハラを受けていた頃はかなり精神的にも辛かったのですが、仕事は好きだったのでできれば続けたかったと思っています。

退職時の辛かったこと

仕事がないのに、デスクに座っていなくてはいけないことほど辛い事はありませんでした。

暇より忙しいほうが好きなので、ただパソコンを眺めているだけの時間はとても辛かったです。

こうなったら、フリーライターになろうなんて考え、いろいろな資料を読んだりしていました。

結局、そんな仕事は頼んでいないと怒られてやめるはめになりましたが。

また、パワハラを受けていた上司が社内でまったくないことまで陰口を言いまわったりするものですから、それが真実と思われたことも辛かったです。

人の悪口を広めて自分の立場をよくして出世した人間ですから、結局大人しく辞めるのが一番と判断して会社を去ることにしました。

仕事は好きでしたが、あの会社を辞めたこと(クビになったのですが)は後悔していません。

辞めてから体調も快復し、体重も元に戻りました。

得られたスキル

そんな上司ですが、自分に記事の書き方を教えてくれたのが今になってとても役に立っています。

何も取材していない状態からあたかも取材して書いたような記事を書くことを得意としていた人です。

現在、ライティングの仕事をする上でとても生かされていますし、ブログを運営していた時も、その時に学んだスキルが役に立ちました。

退職後は起業するが・・・

退職後は一旦、まったく違う仕事(菓子製造業)を営んでいました。

自分を辞めさせた上司に対しての意地みたいのもあり、人に使われるのもう嫌だと思ったのです。

5年ほどやりましたが、経済的な理由で閉店しました。

現在は皮肉ですが文章を書く仕事を再び始めています。

あの頃、上司に教えてもらったことや、誤字・脱字、言い回しなど、いろいろなことが役に立っています。

当時はあったことをそのまま文章にするだけでしたが、今は自分の考え方などももっと表現していけたらいいと思っています。

辛いことが多かったのですが、仕事は本当に楽しかったです。

ただもう一度あの仕事に戻りたいとは思いません。

年齢的にも体力的にもあの職場は無理です。

あの時身につけたスキルを生かしてこれからも仕事をしていければいいなと思っています

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1人でも多くの方に貴重な退職体験談が伝わるように応援よろしくお願いします!
ポチッとお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です