公的保険の事務を人員削減で会社の暗い未来を予想し退職

-退職者のデータ-

職業:公的保険の事務
性別:男性
年齢:39歳
会社規模:大手企業
年収:600万
勤務地:栃木県
勤続年数:7年
月間平均残業時間:40時間(残業代無)

入社した動機・理由

公務に近い職場でもあり、安定した生活ができると思い、応募して入社しました。

元々その系統の仕事に精通していることもあり、仕事内容に関しても抵抗なく(本来であればかなり難しい、法を取り扱うような職種のため)スムーズに仕事に慣れていけると思いました。

唯一の懸念事項は職場の人間関係ぐらいで。

入社時の時の人間関係は「誰も知っている人がいない」という当然と言えば当然の悩みですので、この段階では大した悩みにはなっていませんでした。

給与面に関しても、今までやってきたことを評価し、新人同様ではなく経歴による加算もあるということで安心していました。

未払いなんかも発生しないと思っていました。

十分に信頼に値する会社と感じ入社しました。

仕事内容

主な仕事は、各方面(個人や企業等多岐にわたる)から申請されてくる書類の審査でした。

1つ1つの仕事が法で縛られているため、効率よく(やり方が違うと法律違反で処分されるため)やっていくということは難しかったです。

その分専門知識が磨かれるという利点も発生しました。

その書類の1枚1枚にお金が絡んでおり、シビアな精神状態での仕事でした。

退職理由

退職のキッカケは大きく分けると2つです。

まず1つは、会社の在り方について。自社努力ではどうにもならない自然の流れにより財政が悪化していくのが目に見えてわかりました。

そしてそれは会社の廃止に直結します。

半分公的機関のようなものですので、制度自体がなくなるということはないのですが、吸収合併は容易に想像できました。

そうなった時に吸収される先は公務の職場です。

もちろんのこと人員の削減が行われることになるのですが、公務でも同じ仕事を行っている人がいます。

多少の人間は生き残ることができるのでしょうけど、公務員と生き残り対決を行って勝てるほどのウリは私にはありません。

年齢も転職や再就職に関してギリギリの年齢になってきていましたので、潔く退職を考えました。

そしてもう1つは、組織の在り方です。

大きい組織にはありがちですが、やり方や方針を決める人間たちは現場で仕事をしたことをない人たちばかりで、窓口で現状何が起きているのか全然わかっていません。

どう考えてもおかしいと思い、上層部へ意見を上げても反映されず、逆にお客様から声が上がって組織外部に影響度が高いと感じると即座にやり方を捻じ曲げてくる。

そんなことばかりでした。

組織の上層部も、その上の見えない力の操り人形であり、決定権はこの組織には何もない、と感じました。

現場で顔を突き合わせている人たちはいい人ばかりで、助け合い、励ましあって頑張っているのですが、こうした理不尽な上層部からの理不尽な指令で心がくじかれ、本来の「お客のためのサービス」というものを見失う前に退職しました。

辛かったこと

汚い話ですが、やはり収入面を手放すのはもったいない気がしました。

もしも、どこかで再就職が決まっても当時ほどの収入は見込めませんでした。

加えて、良くも悪くもその仕事にしか精通できない(様々な分野の知識を増やすのは難しい会社だった)ため、他に職に就こうと思っても年齢的に未経験ではどこも雇ってくれないだろうという部分で不安でした。

上記のとおり「公務員との生き残り」という最後の賭けにでても悪くないのかと思うこともありました。

私が辞めたあと、芋づる式にどんどん人が辞めていったのですが、やはり現場で一緒に汗水たらして頑張ってきた人たちとの別れはさみしいものがありました。

その方々とは現在も連絡を取り合っているのですが、会うたびに昔の愚痴を言い合うような仲になっています。

得られたスキル

ここの職場では、保険関係の専門知識しか手に入りません。

現在、再就職をしましたが、本当に色々なことを教えられ覚えていくことができます。

逆に言うと今までの知識は一切役に立っていないということです。

その道の専門家になっていれば、また話は違うかもしれませんが、それになれるのはほんの一握りのエリートだけです。

退職後はPCインストラクターになる

現在は民間企業で、PCのインストラクターを行っています。

趣味の域でしたが元々その分野には自信があり、前の会社でもよくヘルプをかけられていました。

そういうときに、生き生きと仕事をしていると感じることもできたため、PCの資格を取り現在に至っています。

給与は極端に落ちてしまいましたが、生活するだけであれば十分な収入であり、仕事上でも自分の好きな仕事を行い、自分で考えて意見を言っていける会社ですので、精神面はとても安定しています。

前の職場は、毎年必ず何人もの精神疾患患者が出るような、精神的(仕事内容が忙しすぎるとか、残業が多すぎるブラック、人間関係が悪いとかいうわけではなくい)にはつらい会社でした。事実私もそうなりましたし。

今のほうが「人間らしい生活」を送っていると思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1人でも多くの方に貴重な退職体験談が伝わるように応援よろしくお願いします!
ポチッとお願いします!
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です