人材派遣会社の営業で日雇い派遣作業員へのアポ電話が大変すぎて退職。

-退職者のデータ-

職業:人材派遣営業
性別:男性
年齢:44歳
会社規模:中小企業
年収:800万円
勤務地:東京都
勤続年数:8年
月間平均残業時間:210時間(残業代無)

営業部長に誘われ入社

最初は登録して派遣社員として企業に派遣されていましたが、2年位経った頃に派遣されていた会社との契約が切れ、その当時お世話になっていた登録した派遣会社の営業部長に声をかけられ社員として入社することになりました。

派遣社員のままでは不安定と感じておりちょうど社員の応募を探しており色々と面接に行っていた所でしたので、営業部長に声をかけて頂きとても助かりました。

派遣業界がちょうど伸びている頃であり営業職も経験したみたかったので特にお断るする理由が無く入社を決意しました。

また給与面も比較的に待遇が良く、最初の手取りから25万円を超えていたので給与面での魅力も感じていました。

先輩方も仲が良く気さくな社風だったのも魅力の1つでした。

仕事内容は新規開拓がメイン

仕事内容は新規顧客獲得の為の営業回り既存顧客のフォローや新しい人材を入れて頂くための営業でした。

新規顧客獲得はお問合せのあった企業に出向き内容を説明し合意があれば契約書を交わす所まで行っていました。

時間がある時などは飛び込み営業をして顧客獲得の為に地道に行っていました。

月210時間の残業で救急車で運ばれる

週に一度のお休みはあるものの明らかに残業時間など労働基準法を違反しており、働きすぎによる体調不良で救急車で運ばれた事が退職を決意した一番の理由でした。

レギュラーと呼ばれる企業に常駐の派遣社員の他に日雇いの派遣作業員もおり、現場に派遣するのに朝早く事務所で点呼を取るといった作業が必要でした。

それが終わった後に現場に送り出すのですが、その為AM6時には事務所にいなければならず点呼をしに来る作業員の為に事務所を開けておく必要がありました。

そして夕方から夜にかけて日雇い派遣を依頼してくるお客様企業から明日は何名の人員が必要と連絡があるので、その対応に夜遅く時には深夜になる事もあり身体が疲れきる毎日でした。

日雇い作業員は基本的に電話で仕事したい日の予約を入れてもらうのですが、お客様企業が求める人員数に対し予約が入った人員数が不足しているとこちらから登録している派遣作業員に電話をかけ仕事に出れないか確認するという業務があり、それが時間がかかっていました。

予約を入れていない作業員に対して仕事に出てくれとお願いするわけですので中々うまく行かずほぼ毎日苦労していました。

あまりにも作業員が揃わない時は社員が現場に出て作業する事もありました。

また作業員が揃うまでは仕事が終わらないので必死で集め、場合によっては深夜の1時や2時になることもあり、寝袋を会社に持っていき寝泊りする事も良くありました。

週に2、3日は仕事が終わらないので帰ることが出来ず泊まっていました。

退職時に辛かったこと

退職する時に辛かったのはお世話になったお客様企業の担当の方々とのお別れ、社内の仲間や先輩との別れでした。

お客様企業の担当の方々は時に厳しい注文をしてくることもありましたが基本的にはこちらの意向を汲み取ってくれ、同じ仲間のように接してくださりました。

また忘年会な新年会などもも呼んで頂き、会社としての付き合いではなく一人の人間としてのお付き合いもしてくれていたのでお別れは辛かったです。

社内の仲間や先輩は辛い時も苦しい時も一緒にそれを乗り越えてきたので感慨深いものがありました。

仕事が終わるのは23時などザラでしたが先輩は食事に連れていってくれご馳走してくれたり、良くグチを聞いてくれました。

仕事は苦しかったですがそういった関係も終わってしまう事が悲しく辛かったです。

営業職で得られたスキル

営業職でしたので営業のやり方や人とのコミュニケーション能力が高まった事が得られた事です。

社員になるまでは人とのコミュニケーションが苦手でしたが営業職はそう言っていられないので、ほぼ無理矢理ですがコミュニケーション能力を上げる事が出来ました。

退職後は心理カウンセラーとして独立!

退職した後はしばらくアルバイトで生計を立てビジネスの専門学校に2年間通い、その後個人事業主として開廃業届を税務署に提出し心理カウンセラーとして独立開業しました。

立ち上げから数年は中々軌道に乗らず苦労し経済的にも不安定でしたが社員の時に比べれば苦しくなくやりがいもあるので気分が違いました。

社員当時は結構良いお給料をもらっておりボーナスも支給されていたのですが、それから比べるとかなり薄給にはなりました。

個人事業ですのでボーナスもなく経済的には社員の頃とまったく違いますが、それでも個人事業は自由に自分で何でも出来るのでそれが楽しく社員を辞めた事は後悔していません。

ストレスも社員の頃はほぼ毎日感じていましたが、今は当時のようなストレスは無く気分も安定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です