【書評】「10年後の仕事図鑑」を読んだ感想。AI時代における人生のグランドデザインの描き方とは!?

【書評】10年後の仕事図鑑-堀江貴文&落合陽一

書評「10年後の仕事図鑑」

こんにちは。シュンです。

職業選びの参考になる本の紹介をします。

2018年4/4に発売された「10年後の仕事図鑑」です。

内容は、
「10年後の仕事図鑑」というタイトル通りのものです。

今後の未来において、

・なくなる仕事・変わる仕事
・生まれる仕事・伸びる仕事

の紹介が、イラストを添えながら
わかりやすくまとまってあります。

その他にも、

AI時代における、

お二人が考える職業観お金の未来の話が
随所に出てきます。

特徴的だな〜と感じたのは、

AI化=仕事が奪われる
というネガティブな構図が広まっている中、

本書では、
AI化によるポジティブな側面についての考えが多数展開されていた点ですね。

AI化によって、
もちろん失くなる仕事は多数あるけど、

一方で、
新しく生まれる仕事も沢山あるんだよと。

そして、
どうすれば自分の価値を最大化し、
食いっぱぐれないようになれるのかが、

わかりやすく語られていました。

仮に現在、
AI化によるネガティブな面に
どうしても意識が傾いてしまうという方にとっては、

本書読了後は、

AIの本質を知り、
自分が今後備えておくことも明確になり、

モヤモヤしていた頭の中がスッキリするんじゃないかと思います。

AIが何を得意とし、
何を苦手とするかがわかれば、

そこから逆算して、
自分なりの戦略を立てられるというわけです。

また、
現在の世の中がどういう方向にシフトしているのか

ざっくりとでも良いから理解したい方にとっては、
読んで損はない本です。

それでは、
印象に残った箇所を引用しながら、
私の考えを話していきます。

ある経済圏の中で、自分にしかできない仕事をつくる

ある経済圏の中で、自分にしかできない仕事をつくる
引用:P122

今後の職業を考える上で大切な事として、
以上のように、落合氏は話しています。

要するに、
AIにも人にも簡単に代替されないような
希少価値が高く、かつ複雑な事をしろ!

ということです。

じゃあ、自分にしかできない複雑性の高い仕事をどうやって
作ればいいのかという話です。

それには、こんな考えが有効です。

自分の得意な事を3つ持ち、
それを掛け合わせるという戦略。

この戦略は、本書でも紹介されている
元リクルートフェローの藤原和博さんが提唱するものです。

100万分の1のレア人材になるには、

100分の1×100分の1×100分の1

を作ればよいと。

わかりやくす説明しますね。

そもそもですが、

希少性をあげるには、
他の人ができないことをする必要があります。

しかし、
1つの分野だけに絞っていても
必ず上には上がいます。

そして、そこには熾烈な競争が待っています。

そんな中、
もし得意な事を3つ持ち、
それを掛け合わたら、ライバルは一気に減ります。

例えば、

・金融が得意
・恋愛に興味ある

といった場合、
この2つを掛け合わせることで、
(3つではありませんが)

藤沢数希さんという方が、
“恋愛工学”という独自のジャンルを作りました。

金融工学という、
金融商品のリスクヘッジやリスクマネジメントを役立たせる学問を

恋愛分野に応用し、
新たな恋愛メソッドを構築したわけです。

“新しさ”もあり、
その恋愛メソッドはネット界隈で大ヒット。

結果、
そのメソッドは小説&マンガで書籍化され、
さらにはドラマ化もされました。

他にも、

・ゲームが好き・得意
・プレゼンが得意
・映像編集が得意

こうしたちょっと特技であっても、

それらを掛け合わせれば、

今youtubeで話題のゲーム実況の世界で
有利なポジションにつけるかもしれません。

こんな感じで
3つの領域を持ち、

それぞれが上手く噛み合った時、
それは恐ろしくらい大きなインパクトを持ちます。

ここで味噌なのは、
それぞれの領域が全て一流である必要はないことです。

人より少し得意なことでOKということ。

3つかけ合わせたら、
なかなか競合は現れないので、
ユニークな人材になりやすいということですね。

結果、
そんな複雑なことは、
AIや機械でやらせたほうがむしろコストが掛かるから、
代替はしにくいというわけです。

お金を貯めずに信用を貯めろ

お金を貯めずに信用を貯めろ
引用:p155

堀江貴文氏は昔から、
お金=信用を数値化したものだと主張していましたが、

今の時代、
この考えはより理解しやくすく、
現実味を帯びたものとなってきています。

例えば、
今はクラウドファンディングというシステムがあり、
それもどんどん定着してきていますが、

クラウドファンディングとは、
不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、
群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。

これはまさに信用をお金に変えるサービスです。

この人なら投資したい!
この人なら魅力的な事にお金を使ってくれそうだ!

そう思われるような信頼があれば、資金が集まるのです。

その他にも、VALUというサービスがあったりしますよね。
(以前トラブルもありましたが)
VALU

これもクラウドファンディングと似ていて、
信用を数値化することで、資金集めなんかができたりするサービスです。

1VALU〇〇円という形で売ることができます。

ちなみに、
VALUの価値は、
FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSのフォロワー数に応じて算出します。

このように、今や
信用を担保に価値が生まれ、お金が生まれる

ということが当たり前の世界になってきています。

逆に言えば、
信用を傷つけるような行為をし、

それがもしデータ化されてしまえば、
どんどん不利な状態になっていくということですね。

“評価経済”という言葉も
もはや一般的になってきましたが、

信頼というのは、
今後ビジネスをする上で最も大きなキーワードとなってきます。

物販で売上げをあげるにも、
キャラクタービジネスで成功するのにも、

そこで最も大切なのは、
高い信頼(レビュー)を集めることです。

ウーバーやAirbnbといった
シェアリングエコノミーのサービスなんかは、

まさに信頼(レビュー)を基盤に成り立っています。

それ以外にも、以前記事でも紹介した、

流行りの副業サービスのほとんどが、

口コミの評価指数が
そのサービスを担保するものとして、重要なものとなっています。
【2018年度版】月5万〜10万の副収入が欲しい時のオススメ副業一覧を厳選!!

ネット時代の今、

今までフワフワとしていて、
なかなか可視化できなかった
“信頼という概念”を数値化することが容易になってきています。

集めるものは、お金ではなく信頼ですね。

それでは!

【編集後記】
はじめして。
管理人のシュンです。

 

大学を卒業後、
会社に就職するものの、
その“厳しい生活”に馴染むことができず、
わずか3ヶ月で退職。

その後、
インターネットを利用したメディア構築ビジネスで
会社員時代の何倍もの金額を稼ぐようになりました。

 



『知っているか知っていなかで人生おそろしいくらい変わるな』 と痛感。

 


そんなわけで、
かつての僕のような方に向けて、個人で生計を立てる術を教えたい!
という思いから“個人メディアつく〜る”という無料コミュニティをはじめました。
(ふざけた名前ですが中身は至って真面目です)

 

興味がある方は、 まずは以下の無料プレゼントを受け取ってみてください。
ゼロから80万円を稼いだ全貌がわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です