アンジャッシュ渡部はなぜ美食家としての地位を確立できたのか!?その理由を解説

渡部美食家

好きで始めたことが気付けば仕事になっていた。

最初は単なる趣味だった。

なんから分野で成功した人が、
インタービューなどでよく使う言葉です。

好きを仕事にできるって最高ですよね。

とは言え、
好きがどう仕事に結びつくのかがいまいちピンとこない。

具体的に何をやればよいのかわからない。

そんな方って多いんじゃないかと思います。

というわけで、
好きを仕事にした好例として紹介したい人物がいます。

誰かと言えば、
皆さんご存知、アンジャッシュの渡部さんです。

佐々木希さんとも結婚し
2017年に最も嫉妬を受けた男です。笑

彼はお笑い芸人であり、
しかも売れているお笑い芸人。

そんな渡部さんですが、

今やお笑い以外にも、

美食家としての地位を確立し、
多数のグルメ番組にも出演しています。

『渡部の歩き方』という番組もあるそうで、

こんな本も出版しています。

彼が美食家としての地位を確立し、
グルメ関連の仕事を得るようになったのには
一体どんな背景があったのでしょうか。

ここに、
好きを仕事にするための大きなヒントが隠されています。

それでは以下で、
渡部さんが好きを仕事にできた理由を
僕の個人的な見解を通してお話していきますね。

始まりはたった1つのブログ

渡部さんは、もともと食べることが好きで、
日頃から先輩・後輩を連れ、食べ歩きをしていたといいます。

そんなある日、友人から

『そんなに店を回っているならブログに書けば?』

と言われ、
ひょうなキッカケからブログを始めたようです。

すると、
更新を続けているうちに、

“渡部はおいしいお店を知っているみたいだ”

という噂がどんどん広がっていったそうです。

で、気付けば、“芸能界のグルメ王”という異名を持つまでに!

ここで重要なのは、

渡部さんが、
美食家と呼ばれるようになってから
情報発信(ブログ)をはじめたのではなく、

情報発信をはじめることによって、
今の美食家としての地位を確立したという事です。

順序としては
美食家→ブログではなく、
ブログ→美食家なわけです。

日頃から日記を書いたり、アウトプットの場を持つ方なら
わかると思いますが、

自分のメディア(ブログ)という
アウトプットの場を持つことによって、
インプットの質が激変します。

誰かに伝えようという目で物事を見る癖がつくので、
モノを見る目が肥えてくるんですよね。

漠然とものを見るのではなく、
意識的に良い面・悪い面を見るようになります。

すると、
自分の中でも評価軸なんかが出来上がったりします。

実際、渡部さんも良い店に関して
5つの基準を持っているといいます。

つまり、
ブログという伝える場を持つことで、

この店のどこが優れているのか?
どこが特徴的なのか?
どういう目的で利用するのがよい店なのか?

といったような事を強制的に考えるようになるわけですね。

ブログで、
あ〜美味しかった〜\(^o^)/

だけでは誰もブログを読んでくれません。
(それでも有名人なら一定数は読んでくれと思いますが)

店の魅力や出された食事の魅力を伝えるには、
意識的・積極的に情報を発見していく必要があります。

そんな事を繰り返してると、

そりゃ漠然と美味いモノを食っている人に比べ、
料理の知識・コメント力・アテンド力は桁違いにUPします。

渡部さんの中での、
美味しい料理・いい店フィルターがどんどん鍛えられていくわけですね。

そうなれば、
もういっちょまえの美食家です。

こうして、
たった1つのブログから美食家渡部が誕生したわけですね。

誰でも情報発信を始められる時代

要するに、
自分のメディア(ブログ)を持つことで、
何が変わるかと言うと、

アウトプット力です。

これがバリバリに鍛えられます。

そう言えば、
渡部さんが得意とする芸の1つに
“ホメ芸”というのがありますよね。

何かって言うと、
人の作品のPRです。

番組の出演者がドラマの宣伝をした後に、

渡部さんが
「ちょっと待って! それじゃこの作品のよさが全然伝わらない」と言い放ち、

ゲストに替わって作品の見どころをよどみなく解説!

そして最後は

「渡部さん、出ているんですか?」

「いいえ、いっさい出ておりません!」

という一連の流れです笑

そんな“ホメ”のスペシャリスト渡部という側面も彼は持っているのですが、

言ってしまえば、
このホメ芸もブログをコツコツ更新することで
言語化力やPR力を鍛えたことの賜物だと思います。

日頃から、どうやったら良いモノを上手に紹介できるか?
という視点でブログを書いているので、

自然とプレゼン能力もUPしたというわけですね。
(もちろん全てがブログのお陰だという短絡的な見方はしませんが
、それが大きく貢献したこともまた事実だと思います。)

こうした渡部さんの例からもわかる通り、

ブログって、
単なる日記の延長線上じゃないんですよ。

あらゆる面で物凄いポテンシャルを持っています。

正しく運営していけば、それが仕事にもつながりますし、

自分の実力を底上げするツールにもなります。

専門分野を持っていない自分が情報発信をするなんて
おこがましいと感じる方もいると思いますが、

先に述べたように、正しい順序は、

情報発信を始める→専門家になるです。

こっちの方が圧倒的に効率が良いです。

そして、
別にブログでなくてもokです。

情報発信のためのツールは他にもあります。

youtube,Twitter,Facebook

youtuberなんかもまさしく情報発信者です。

youtuberというと、
子供のお遊びというイメージを持っている方もいるかもしれませんが

やっていることはかなり時代にマッチしているし、
あぁやって動画を作る事で得られる事って半端ないと思います。

魅力的なコンテンツを作れるって
今後の時代は特に、強烈な武器になりますからね。

というわけで、
もし好きな事を仕事にしたいというのであれば、
渡部さんをヒントに是非情報発信を始めてみることをオススメします。

これからの時代、
情報発信力をもった人は強いですよ。

それでは!

ps
ブログで情報発信力(プレゼン力)を鍛えた渡部さんが手にした
最高の副産物が佐々木希であると僕は考えるのでした。笑

【編集後記】
はじめして。
管理人のシュンです。

 

大学を卒業後、
会社に就職するものの、
その“厳しい生活”に馴染むことができず、
わずか3ヶ月で退職。

その後、
インターネットを利用したメディア構築ビジネスで
会社員時代の何倍もの金額を稼ぐようになりました。

 



『知っているか知っていなかで人生おそろしいくらい変わるな』 と痛感。

 


そんなわけで、
かつての僕のような方に向けて、個人で生計を立てる術を教えたい!
という思いから“個人メディアつく〜る”という無料コミュニティをはじめました。
(ふざけた名前ですが中身は至って真面目です)

 

興味がある方は、 まずは以下の無料プレゼントを受け取ってみてください。
ゼロから80万円を稼いだ全貌がわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です