ワークスタイルから仕事を選ぶという発想

近年「働き方改革」という言葉が
毎日のようにメディアで飛び交っていますね。

そんなわけで、
自分自身の働き方について、
改めて見つめ直す方が多いかと思います。

男性の方にとっては
仕事=人生のようなものなので、

余計に考えさせらえるかと思います。

というわけで、
今回は働き方についての僕の持論を好き放題書いていきたいと思います。

働き方という言葉通り、

僕自身は現在の仕事を、
その仕事内容よりもそのワークスタイル的な面で魅了され、

今現在の仕事をしています。

よくあるキャッチコピーのようですが、

いわば、
PC1台で時間や場所に捉れず自由に仕事が可能!
というワークスタイルです。

もちろん仕事内容にもやりがいを感じていますが、
ワークスタイルやその他諸々の環境面が、
僕にとってなによりも大事だったわけです。

なぜ仕事内容よりも
ワークスタイルに拘るのか?
 

その理由を話していきますね。

まず、ワークスタイルを優先する一番の理由は

どんなに好きな仕事でも、
組織の中に属して働くと、出来ることが制限されるからですね。

例えば、
どんなに本が好きで出版社に入社したとしても、
自分が望む部署や仕事にピンポイントにつける可能性はかなり低いです。

良くも悪くも、会社の利益が最も上がるように、
個人の意向は関係なく、人事の判断のもと、適材適所に配属されてしまうことが大半です。

おまけに、どんなに試したいアイデアが合っても、
若い人間には、なかなか挑戦の機会は回ってきません。

陳腐な言い方かもしれませんが、
所詮歯車として扱われます。

トップに逆らうことはできません。

あくまで、
会社はヒトという労働力を買っているわけです。

つまり、
寂しい響きですが“人的費用”です。

第二に、

仮に、
どんなに好きな仕事に就くことができても、
会社での仕事となるとチームワークが大半です。

反りの合わない、意見の合わない相手とも、
共同で仕事を進めていく必要があります。

会社の退職理由で一番多いのは、
人間関係と言われています。

そして、人間関係とは要するに、

厄介なパワハラ上司が身近にいて、そいつに耐えられない。

そんな所だと思います。

僕自身、
うるさい上司が毎日隣にいるとか絶対耐えられません。

つまり、どんなに好きな仕事でも、
会社に属している限り、その他の面であらゆる障害が多すぎるということです。

もちろん金銭的な面に関しても、
会社に属している限り、収入には限界があります。

時間の切り売りという労働収入から逃れることはできません。

こんな感じで、
会社員というワークスタイルは、
根がヘタレの僕にとっては耐え難いことでした。

というわけで、
組織に属して働くという選択肢は、そうそうに捨てたわけです。

ちなみに
いとも簡単に退職を決意できた理由っていうのは、

今というデジタル時代の恩恵に預かれば、
会社員以外でも自分望むワークスタイルで、
生計を立てることは十分可能であると、ある程度の確信があったからです。

そして、実際それは可能でした。

僕が凄いのではありません。

快適なPC・ツール・ネット環境・教材など、

ネットで仕事をするためのインフラを作ってくれた偉大な先人達がいたからこそです。

そして、
大事なことですが、

これらのネットの恩恵に預かれば、
今は大半の仕事がスモールサイズで1人でも簡単に立ち上げが可能です。

営業マンになりたいなら、
ネット上で好きな商品をアフィリエイトすればいいですし

ファッション関係の仕事に携わりたいなら、
メンズバイヤーMBさんのような活動すればいいですし

アイスが好きなら、
アイスマン福留さんのようにアイスのメディア作ればいいですし、

教師になりたいなら、
ブログを作ってオンライン上で教えればいいですし、

芸能人になりたいなら、
youtubeで動画投稿すればいいですし、

もう大半の事は、
ネット上で1人でできちゃうんです。

なによりも、僕自身が
“会社員”と“現在のネットで完結する仕事”の両者を経験しているわけですが、

後者の方が、精神的にも肉体的にも圧倒的に快適です。

もちろん、
簡単に個人でもビジネスができるぜ!!

なんていう事をいうつもりはありません。

それなりに大変な面ももちろんあります。

が、会社で苦痛な人間関係なんかに我慢したり、
長時間労働を強いられる方がよっぽど大変な事だと思います。

どんなに好きな仕事であろうと、
雇われている状態では疲弊します。

運良く、先人達のおかげによって、

気軽に個人でビジネスをはじめることができる
最高に恵まれた環境に生きているわけですから、

存分にその恩恵に預かるのが得策かと思います。

インターネットを利用すれば、
ちょっとしたことでもお金になります。

その原理・仕組みについては、
現在お配りしている無料プレゼントにも詳しく書いてあるので、
興味のある方は是非手にとってみてください。

それでは!

【編集後記】
はじめして。
管理人のシュンです。

 

大学を卒業後、
会社に就職するものの、
その“厳しい生活”に馴染むことができず、
わずか3ヶ月で退職。

その後、
インターネットを利用したメディア構築ビジネスで
会社員時代の何倍もの金額を稼ぐようになりました。

 



『知っているか知っていなかで人生おそろしいくらい変わるな』 と痛感。

 


そんなわけで、
かつての僕のような方に向けて、個人で生計を立てる術を教えたい!
という思いから“個人メディアつく〜る”という無料コミュニティをはじめました。
(ふざけた名前ですが中身は至って真面目です)

 

興味がある方は、 まずは以下の無料プレゼントを受け取ってみてください。
ゼロから80万円を稼いだ全貌がわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です