【書評】「転職の思考法」を読んだ感想。結論!マーケットバリューを第一に考えるべし。

書評-転職の思考法 感想・レビュー

「転職の思考法」はどんな人にオススメ!?

こんにちは。シュンです。

今回紹介する本はコチラ。
北野 唯我著『転職の思考法』

転職を考える全ての人が知っておくべき知識を
余すことなくギュッと詰め込んだ本です。

反対に言えば、
本書の知識なしに転職活動をしてしまうと、
その後の人生において大損害を被る可能性さえあるなと思いました。

特に男性にとっては、
仕事とは人生の大半を占めるもの。

となると、
仕事の幸福度=人生の幸福度

と言っても過言ではないかと思います。

誤った会社・誤った職種を選んでしまうと、

待っているのは、金銭的にも精神的にも地獄の人生。

仕事選びに関しては、
運に身を任せるのだけはなんとしても避けたいものです。

では、本書が読者に送る

核となるメッセージとは何なのでしょうか?

それは、

「しようと思えば自分はいつでも転職できんだ!!と確信できる市場価値をもて!!」

ということ。

要するに、

「俺はいつでも転職できるだけの能力を持った人間だ」

という切り札を持つことこそ、

経済的にも、精神的にも
真の安定につながるという論理ですね。

確かに、

「どこでも自分は通用する人間だ」

と自信を持つことほど、
人を自由にすることはありません。

そういう意味では、
現時点で転職を考えていない場合であっても読んでおきたい内容ですね。

そんなわけで、

・そもそも、市場価値とは何なのか?
・転職市場はどんな仕組みになっているのか?
・何を頼りに転職活動をしていけばよいのか?

など、

転職時のあらゆる疑問に答えたのが、

本書「転職の思考法」です。

長期的に自分のキャリアを考えていく上で、

どんな「モノサシ」を持って転職活動に挑み、
どう「戦略的」に動いていくべきかが目から鱗。

どんなコトを試みるにせよ、
知識武装をし、戦略的に動くがいかに大切かを痛感させてくれる本です。

「素晴らしい本だな」と思い

是非ともレビュー(客観的評価)しようと思ったので、
あら捜しをしながら2度読みました。

しかし、大きな粗は見つからず、

改めて、ロジカルでとても説得力がある本だなと思いました。

特に、はじめて転職を考える人にとっては必読ですね。

本書を頼りに、
転職活動における軸が決まれば、

情報の取捨選択力が高まり、

他人の意見で自分の軸がブレることなく、
転職活動はスイスイ進むかと思います。

つまり、

転職時の苦労を大幅にショートカットさせてくれる本です。

本書の構成・目次

ちなみに、

本書は、羅列的な記述ではなく物語形式で進んでいくので、
大事な箇所がガツンと頭に残ります。

どんな物語かと言うと、

-あらすじ-

主人公は、30歳のサラリーマン青野

彼には、特別な専門性がなく、
出世コースも先細りになり、
今後の仕事人生にぼんやりとした不安を抱く。

そんな時に、
敏腕キャリアコンサルタントの黒岩に出会う。

彼は、
この国の人材会社、転職エージェントに強い嫌悪感を抱いてる。

そんなコンサルタント黒岩がサラリーマン青野に対し、

「一生食べていくための方法論(=転職の思考法)」の教えを授ける。

というのが本書の構成です。

目次は以下。

本書の目次

1章 仕事の「寿命」が切れる前に伸びる市場に身を晒せ
2章 「転職は悪」は努力を放棄したものの言い訳にすぎない
3章 あなたがいなくても会社は確実にまわる
4章 仕事はいつから「楽しくないもの」になったのだろうか

転職の方法論だけにとどまらず、

転職時における、

・会社の人間との付き合い方(組織の論理)
・パートナーへの説得
・適職を見極めるヒント

まで、かゆいところにも手が届く内容になっています。

本書で印象に残った言葉

以下では、個人的に印象に残った箇所を
本書の言葉を引用しながら紹介していきたいと思います。

上司ではなくマーケットをみて生きる

会社が潰れても生きていける大人と、
生きていけない大人の2種類がいるとしたら、
両者をわけるのは何か?
それは、上司を見て生きるか、マーケットを見て生きるかだ。
引用:p30

この黒岩の発言は、
本書の中でも核となるメッセージです。

そもそも、

変化が激しく、
会社自体の寿命が短くなっている今、

さらに、寿命が伸び、
人生100年時代と言われる今。

1つの会社に一生勤め続ける
終身雇用モデルはとっくに終焉しています。

時代背景的にも、
転職を前提に生きていかざるを得ないわけですね。

となった時、

「いつでも転職できるためのスキル(=マーケットバリュー)を持つ」

これほど、精神を安定させるものはありません。

マーケティングバリューとは、
文字通り、「市場価値」のことで、
世の中からみた、自分の価値(値段)のこと。

そもそも、転職理由の中でも多くを占めるのが、

社内における人間関係です。

例えば、

身近に愚痴愚痴うるさいパワハラ上司がいるのって、

凄まじく苦痛です!

そんな時、

今の会社だけでなく、
他の会社でも通用するスキルを持っていれば、

躊躇なく、
上司の顔面に退職届を投げつけることができます。

要するに、

高いマーケットバリュー(市場価値)さえ持っていれば、
転職の自由もきくので、

結果として、

それが精神的自由に大きくつながるわけですね。

反対に、

「今の会社から出ていったら俺は何もできない」ことほど、無力なことはありません。

今後の時代は特に、

“転職することを前提に生き、
そのために、上司ではなく、マーケットバリューをみる。”

とても大切なメッセージですね。

じゃあ、具体的にマーケティングバリューはどんな要素で構成されているの?

と疑問に思うかもしれませんが、
詳しくは本書にたっぷりと書かれていますのでそちらをどうぞ。

営業マンの葛藤

いいか。 自分が信じていないものを売る、
これほど人の心を殺す行為はないんだ。
そのひとつの商品を売るために
本当に多くの小さな嘘をつかないといけないからな。
引用:p70

いやーー

この言葉は、
多くの営業マンが「うんうん」と心の底から頷く言葉だと思います。

私も、かつて会社勤めの営業マンだったので、
この気持ちは本当に良くわかりますし、

会社を退職した最大の理由もこれです。

自分が価値を感じない商品を売ることほど苦痛な事はなかったからです。

もちろん罪悪感もありますし、

自分が価値を感じないものだと、
販売する商品の知識を身につけることも苦痛で仕方ありません。

そうなると、

買い手に対し、
商品の魅力を最大限PRすることが難しくなり、

結果、

売れない営業マンになり、

出世もできず「負の連鎖」に陥ります。

それに、
商売においてリピーターの獲得は最も大切なことですが、

それはなんて言っても、信頼から成り立つもの。

たとえ誇大広告のように、
嘘をついて売ることに成功しても、

結局、リピーターはつかず、
1度限りの取引で終わってしまうので、

永遠に、新規顧客の開拓に追われる羽目になります。

利益を追求するという意味でも、
効率が良くありません。

営業マンとして生きていくのなら、

自分が最も価値を感じる商品を扱う。

これに尽きます。

強みが死ぬ前に伸びる市場にピボット

今後伸びていく。つまり、本当のダイヤモンドは、
周りは馬鹿にするが、理屈から考えると正しいことにこそ
眠っているわけだ。
引用:p83

本書には

「仕事のライフサイクルを見ろ!」

というアドバイスがあります。

要するに、
仕事の寿命ということですね。

例えば、

今はモノ余りの時代で、
家電業界なんかは商品自体の差別化も難しくなり、

業界自体が成熟していると言われています。

一言で言えば、衰退産業。

そして、業界自体が成熟すると、
そこで働く人間のマーケットバリューもそれに比例して落ちます。

本書で提唱する
自分のマーケットバリューを高めることを目的とするなら、

衰退産業を避け、
今後伸びる市場に身を置くことは必至です。

じゃあ、今後伸びていくであろう業界はどうやったら分かるのか??

本書では、それを見極める1つの便利な指標として、


複数のベンチャー企業が参入する業界を見ろ!

と言うアドバイスがあります。

さらに、もうひとつの踏み込んだアドバイスが、

「周りは馬鹿にするが、理屈から考えると正しいこと」です。

個人的に、

その好例なのがyoutuberです。

確かに、

倫理的にどうなの?と思うようなことで
注目を集めている道徳観念に乏しいyoutuberもいます。

ただ、

モノで差別化することが難しくなり、

かつ、

AIやロボットで単純労働、事務処理がどんどん代替されていくとなると、

youtuberがやっていること。

つまり、人をファン化し、クリエイティブなコンテンツを作ること
(=個人メディアビジネス)

これは、代替可能性が低く、

今後の時代に非常にマッチしたお金の稼ぎ方であり、

衰退産業とは対極にある成長産業であることがわかります。

まさに

「周りは馬鹿にするが、理屈から考えると正しいこと」

に当てはまりますね。

そもそも周りに馬鹿にされる分だけ、
それが参入障壁となるので、稼ぎやすくもなります。

個人メディアビジネスは現在バブル状態です。

転職することは絶対に人に言わない

転職活動をする際には注意点がある。それは、転職を考えていることは
信頼できる人間にしか絶対言わないことだ。
引用:p100

本書では、
主人公の青島が転職活動をしていることを
軽々しく上司に言ってしまうというミスが描かれています。

そもそも、
こういう噂は人が最も好みそうな話題であり、
光の速さで広まる恐れがあるので、社内の人間には絶対言うべきはありません。

言うとしても、
転職活動が成功してから話すべき。

今まで面倒を見てくれた上司や、
一緒に働いている同僚からしたら、

転職宣言をすることで、
「裏切り者」の烙印を押される確率が高いです。

仮に転職活動に失敗し、
社内に残るとなった時の居心地の悪さといったら・・・

リスク管理は大事ですね。

会社として良い軸と転職先として良い軸は一致しない

いいか。会社としていいかという軸と、
転職先としていいかという軸は、必ずしも一致しない。
引用:p126

就職する時にせよ
転職する時にせよ

会社の業績をチェックするのは、大切なことです。

が、、

それだけを見ていると「落とし穴」にハマる可能性があります。

なぜなら、
会社の業績を見ることは、

転職時において、
必要条件であって、十分条件ではないからです。

会社の業績が良いこと、転職先として良いかは、
イコールではないとうこと。

詳しくは、本書を読んでほしいのですが、

ここでもやはり第一に考慮すべきは、
自分のマーケットバリューがつくか否かです。

どんなに業績の良い会社であろうと、

それが自分のマーケットバリューを上げるものではないのであれば、
その選択はボツということです。

こういうわかりやすい判断基準があると、
諸々の決断が楽になりますね。

相談相手は正しいか?

意思決定とは一番情報を持っていて、
一番コミットしている人間がやるべきなんだ。
本人にしかわからない部分がある。
だから最後は自分を信じるべきなんだ。
引用:p194

転職活動をすることを話すと、

心から本人のためを思ってアドバイスをしてくれる人もいれば、
ありがた迷惑な忠告をしてくる人と様々です。

いずれにせよ、

本当に耳を傾けるべき相手は誰なのか??
そもそも人のアドバイスを聞くべきなのか??

そんな事を考えるかと思います。

そんな時、

上記の黒岩のアドバイスには、
「ハッ」とさせられます。

最終的には、
決断の影響をモロに受けるのは本人なのだから、

最後は本人が決めるべきということですね。

当たり前っちゃ当たり前ですね。

私も会社を辞め、
独立するとなった時、

「若いのだからもっと社会を見るべきだ」

なんて事を言われました。

が、、

その人が大切にしている価値観と
自分が大切にしている価値観は別ですし、

最終的にケツを拭くのは自分自身なので、
迷わず独立するという選択を下しました。

ちなみに私の軸は、

「組織に属さず、自分ひとりで稼ぐ力を身につけること」

その一点。

何か一つでも軸を持っていると、
他人の意見に振り回されずに済みますね。

好きを仕事にするのが最も合理的

好きなことを仕事にするのは、
これからの時代、生存確率を高めるために必要なことなんだ。
好きな事をやっていない人間から先に消えていく可能性すらある
引用:p209

好きを仕事にできればそんなに楽なことねーよ。

と思うかもしれません。

が、

今後の時代は、
むしろ好きなことを仕事にしないことこそリスクとなる時代。

理由は、

・インターネットのお陰で「好き」を「仕事」にしやすくなった
・退屈な単純労働はテクノロジーによって代替可能になってくる
・シェアリングエコノミーが活性化し、生活コスト自体も下がっていっている
・今後の時代は余暇が増えることで、エンタメ産業が活性化

いろいろな背景があります。

そして、
次に出てきそうなのかが、

好きなことなんて見つからねーよ。という声。

そんな悩みにも答えてくれるのが本書。

こちらも詳しくは本書を読んでほしいのですが

好きなことがない場合は、

・他人からは上手だと言われるが「自分的にはピンとこないこと」
・普段の仕事の中で「まったくストレスを感じないこと」

この2点を基準に選べば良いとのこと。

要するに「得意な事」をしろという事ですね。

得意なことであれば、
そのまま、自身のマーケットバリューを高めることにも繋がりやすそうです。

それに、
得意と好きは、一致することが多いですしね。

まとめ

これまで沢山の転職本を読んできましたが、

転職する上での考えるべきことの優先順位が、
強い説得力をもって、まとまっているなと思いました。

Amazonの評価も高く、
転職活動のスタンダート本になりそうな予感。

転職活動する人
就活中の大学生
自営業者

自身のキャリアを考える全ての人の参考になる本です。

それでは!

ps

個人的に思う「最強の切り札」は、

「組織に属さずとも、一匹狼で稼ぐ力を身につける」

です。

【編集後記】
はじめして。
管理人のシュンです。

 

大学を卒業後、
会社に就職するものの、
その“厳しい生活”に馴染むことができず、
わずか3ヶ月で退職。

その後、
インターネットを利用したメディア構築ビジネスで
会社員時代の何倍もの金額を稼ぐようになりました。

 



『知っているか知っていなかで人生おそろしいくらい変わるな』 と痛感。

 


そんなわけで、
かつての僕のような方に向けて、個人で生計を立てる術を教えたい!
という思いから“個人メディアつく〜る”という無料コミュニティをはじめました。
(ふざけた名前ですが中身は至って真面目です)

 

興味がある方は、 まずは以下の無料プレゼントを受け取ってみてください。
ゼロから80万円を稼いだ全貌がわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です