【書評】投資家みたいに生きろを読んだ感想。人類皆投資家である。

投資家みたいに生きろ

(以下、動画書き起こし)

こんにちは。シュンです。

今回紹介する本はこちら!

「投資家みたいに生きろ」

著者は有名投資家の藤野英人さんです!

というわけで、早速本書の紹介をしていきたいと思います!

本書の主張のポイントは何かというと、

それはタイトルにある通り、投資の薦めです!!

しかしです!

株式投資や不動産投資などの、
主に金銭的リターンを期待する投資を、薦めた本ではありません!

あくまで、投資家みたいに生きろ!

という事で、

要するに、投資家のような思考スタイルや習慣を取り入れましょうというのが本書の主張。

投資とは、簡単に言うと、
未来へのリターンを期待して、リスクを取ることです。

つまり投資というのは、
不確実な未来に対して、その成長の匂いを嗅ぎ分け、

そこに自分のお金や時間などの資源を投下する事を言います。

となると、株式投資をする人だけでなく、
この世に生まれた時点で人類皆投資家だと言えます。

人生は、
受験、就職、転職、結婚など、

小さな事から大きな事まで、意思決定の連続なわけです。



そしてその意思決定は、
なるべくより良い未来を期待し、

何らかの犠牲を払ってなされいるわけです。

この会社にいたら、自分は成長できそう!
この業界は今後伸びるだろうから給料も上がるだろう!

こうした期待を込めて会社選びをし、

或いは、
この人は今はまだ芽が出ていないけど、将来この人は必ず出世するはずだ!
今は貧乏だけど、この人の成長率に期待して結婚をしよう!

といったように、

つまり、将来的なリターンを計算し、
何らかのリスクを背負った上で、限られた選択肢を選ぶ。

こうした不確実な未来への投資活動というのは、
我々一般人も日常行っていることなわけです。

そういう意味では、多くの人が投資家的な側面を持つということです。

そこで!!

日々職業として、複雑な意思決定を行っている投資家の話は、
決断の質をあげる上で大きなヒントになるというわけです!

投資家がどんな目線で、世の中を観察し、
どんな習慣の元、日々を過ごしているのか?

そういった事が、本書では

前半 投資家の思考
後半 投資家の習慣

という形で綺麗にまとまっています。

個人的に印象にのこった箇所はやはり、
p88にある見えない資産への投資という箇所です。

一般的には、
自己投資と呼ばれるものです。

スキル、健康、人間関係など、
これらに対して、自身のエネルギーをどう分配していくのか?

これも投資です。

どんなスキルに投資したら、
リターンが高いのか?

とくに自分にとって大事な人間関係はどこなのか?

打算的なやつだなと思われそうですが、

時間は有限なので、
優先順位というのは、どうしても生じてしまうわけです。

株式投資と違うのは、
自己投資は自分自身に直接紐付いているので、

より安定性が高いものだと個人的に思います。

そもそも株式投資で勝つには、
頭の良さが必要で、それを養うのは紛れもなく、自己投資です。

スキル、健康は、すべての土台なので、
ここへの投資は惜しみたくないところですよね。

そんなところでしょうか。

本書は、難しい投資の理論の話は一切でてこない形で、
広い意味で投資の魅力を紹介した本です!

投資家の頭の中を覗き見るには、格好の本だと思いました。

投資という言葉は全ての人に大きく関係のある言葉です。

今回の動画をみて興味を持った方は是非本書を手にとって読んでみて下さい!

それでは!

【オススメ関連書籍】

より本格的に投資家の思考を学びたい方はこちらもオススメです。

天才投資家バフェットの右腕!
チャーリー・マンガーさんによる含蓄に満ちた名言のオンパレードです!
「完全なる投資家の頭の中」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です